Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラクルラボ

「スピリチュアル、占い、発達障害関係やビーガンなど」いっぺん変わった多数の情報を発信しています。

スピリチュアル

気・オーラの流れを肌で感じる!気功のトレーニング方法とは?

2019年5月24日

 

今回は初めての初心者でも気功を簡単に体感できる気功のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。

まず気功を体感するためには、気・オーラの流れを肌で感じれるようにならなければなりません。

 

自分の気を肌で感じることができない限り、気を出したり、高めたりすることはできません。個人的にこれができないと気功をやることは不可能だと考えています。

そのためにも、気の流れとオーラを肌で感じれるようトレーニングする必要があります。

 

気功を行う前の、人間の体を覆っている「気のメカニズム」の説明!

 

人間は基本的に24時間、一日中、体から気というエネルギーを流すように出して、体中を気で循環するようにできています。

中から新しい気が入ってきて、また外に出てを繰り返すように、気というものは体中を循環するようにできています。

 

この気が循環して体を覆っている状態を、オーラやチャクラと呼ばれています。

堀探っていきますが、気とは元々生命が持っている電子から生まれたエネルギーのことを指しており、その気が体中を循環して覆っている状態をオーラやチャクラと呼んでいます。

 

オーラやチャクラとは、気という電子から生まれたエネルギーの集合体です。

このオーラやチャクラといわれる気というエネルギーを肌で感じ取って自由自在にコントロール(操作)することを、気功と呼ばれています。

 

気功とは、オーラやチャクラを自分の意志で操作することを指しています。

私は気功のトレーニング方法の1つとして、体中を覆っている気と呼ばれるエネルギーを肌で感じることを勧めています。

気、オーラ・チャクラ、気功のそれぞれの意味

  • 気とは、電子から生まれたエネルギー
  • オーラ・チャクラとは、体を覆う気の集合体
  • 気功とは、体を覆っている気を自由自在に操作すること

 

気を肌で感じることが出来れば、気功を使うことが可能になる!

人間は第六感と呼ばれる目に見えないエネルギーをdnaで制御され感じなくするよう作られています。

しかし、五感に対してはとても敏感にできています。ですので、この第五感で感じられれば、気というエネルギーを体感することが可能です。

 

私たちは目に見えないエネルギーを既にこの世で体感しています。一番簡単なもので言ったら熱エネルギー。

肌で気温を感じ取ることができます。そしてその熱エネルギーを数値で表わすことが既にできています。

 

気とオーラも同じで肌で感じ取ることができれば、そういったエネルギーが存在することを理解することが動物には可能です。

気も熱エネルギーに似ており、熱を持っています。この気独特の熱を感じることで私たちは気功を体感することが可能です。

 

気を肌で感じるための簡単な方法|気の出入り口を手でふさぐ!

 

その気やオーラを肌で感じ取る一番手っ取り早い方法が、人間から漏れ出す気の出入り口に手をかざすことです。

気が外に出ている場所にそのまま手をかざすだけで、私たちは気と呼ばれるものを感じることができます。

 

実は頻繁に人間の体から気が外に出ていく場所が存在します。それが指先と頭です。基本的に気の出入り口は気のツボと呼ばれています。

気のツボは人間だけではなく、生き物全て、そして地球などの惑星にも存在するものです。

 

地球でいったら風水のゼロ磁場とか呼ばれている場所を指しています。

気は電子のエネルギーなので、人間にも同じエネルギーを持っていることから、そのエネルギーがある場所に人は自然と群がるようにできています。

 

そこを理解していた人間が風水を使って城を建てたりしていたわけです。人が集まる場所は景気が良くなりますからね。

電子で作られたエネルギーは元気の源なので、自然とそこに群がるように人というのはできています。元気になりますからね。

 

人間で言ってその電子のエネルギーが出ている出入り口の場所が、指先と頭になります。内から外に気が抜けるように作られています。

内は人間の中心、そして外は人間の指や頭や関節です。そこから気が入っては出ていっています。

 

その気の流れの構造を利用し、外から出ていく気を肌で感じ取れるようになればいいのです。

この気を肌で感じるための方法は案外簡単で、やろうと思えば誰にでもできるようになります。気という熱を肌で感じ取ればいいだけなので。

 

気を肌で感じている時の具体的な感覚!

その気を肌で感じるための方法はいたってシンプル。気の出口となる指先の上にもう片方の手をかざしてあげればいいだけです。

かざした手に指から抜け出た気が溜まり、熱を感じることができると思います。

 

気と呼ばれる電子エネルギーは人間の体温と同じぐらいの熱を持っており、生暖かいものを感じます。

そして気は電子エネルギーなので電気そのものです。そのためピリピリっとした感覚も体感できると思います。

 

後は、その生暖かくピリピっとした感覚が増すように外に出てくる気をコントロールします。これで気功ができるようになります。

気功とは、簡単に言えば「外に出ていく気・オーラのリミッターを外し、大量に気を放出する事」です。

 

気功を行うための、気を肌で感じさせるトレーニング方法|手順とコツ!

 

この気功を覚えるうえで欠かせない、気を肌で感じるためのポイントを、手順と感覚とコツに分けてまとめてみました。

こちらを参考にして、気功を行ううえで必要な、気を肌で感じるためのトレーニングを行ってください。ほとんどの方が、気を肌で体感できると思います。

気を肌で感じるための手順

  1. 右手と左手の指を近づける
  2. 指と指の間を1cm距離を置く
  3. 指と指を離したり近づけたりしてみる

気を感じている時の感覚

  • 指がピリピリする(電気を感じる)
  • 指と指に圧力がかかっているように感じる
  • 手全体に生暖かい感覚を感じる

 

この気を感じるためには、外に逃げる気がスムーズに流れに沿って出ていかなければならないので、人間の意志でそれをコントロールしなければなりません。

ですので、気が指先から逃げるように働きかけるために、体全体、特に手の力を抜くことが大切になります。

 

また人間の体の気の流れをスムーズに作る方法として、呼吸法を教える気功師の方が多いです。

この理屈は正しく、人間の呼吸に合わせて気も外に出たり入ったりするので、息を吸えば気が体に入ってきますし、吐けば一緒に指から気が出て流れてきます。

指から気を外に出しやすくする方法

  • 体全体と手の力を抜く
  • 息を吐く※息を吸えば体に気が入ってくる

 

慣れてくれば、指先から薄らと煙のような影が見えるようになると思います。これが見えたら合格です。

この指先から出てくる煙のようなものが気であり、オーラと呼ばれるものです。更に鍛えると、これがはっきりと色として見れるようになります。

 

ただ指先がピリピリとした生暖かい、そして圧迫した感覚を感じられれば気を肌で体感できているといえるので、煙が指先から出てくるのを見えるようになるまでにならないとだめとか、そこまでこだわる必要がないと思います。

 

気を肌で感じさせるトレーニングの注意点!

「気功を覚えるための、気を肌で感じさせるトレーニング」の注意点ですが、やりすぎには気を付けてください。

病気にかかりやすくなります。これは気功も同様やりすぎると体に悪いです。

 

理由としては体を覆っている気の循環作用が弱くなり、体を守れなくなるからです。体のだるさや鬱症状に悩まされます。

エネルギーが足りなくなるからですね。ですので、人間の体を覆っている気やオーラというのは科学的見方から見て、とても大切なものだと言えますね。

 

気というものは、太陽光に浴びたりとか、食事をとること、そして呼吸をすることで体内に取り入れることができます。

自然の法則に沿って生きるというのは、とても大切なことだと気から教わることができますね。

 

気を肌で感じやすくするための豆知識!

 

これは気のエネルギーをより強く感じるための豆知識なのですが、元々人間が備えている第六感という感覚を一時的に呼び起こし、気のエネルギーを肌だけではなく目で見えるようにする方法があります。

 

それは「眠くても寝ない事」です。眠たくても無理我慢して起きている状態が、本能的に第六感を目覚めさせます。

人間は寝ているとき夢を見ます。脳の松果体からセロトミンが分泌され、その影響で夢を見ることができます。

 

この夢を見ているとき、私たちの体は必然と松果体が開いています。

本来起きている状態では松果体が開いていないので、夢を見ることができませんし、見えないエネルギーを感知することもできません。

 

しかし、眠るのを我慢し起きていると、体内時計がバグを起こし、松果体が開きます。

寝る時間だと体が脳に伝達し、その準備をさせるからです。この人間の体内時計を利用し起きている状態でも松果体を開かせることができます。

 

松果体が開いている状態ならば、多少なれど第六感の見えないエネルギーを感知しやすくなります。

この状態で気を肌で感じるための方法を行うと、はっきりと指から煙が出てくるのを肉眼で確認できるようになると思います。※完全自己責任でお願いいたします。

 

必ず気を煙のように見ることができるようになるというわけではないですが、通常の方法で行うよりは、見えやすくなると思います。

運が良ければ、オーラの色も見ることができるかもしれません。自己責任ですが試してみてください。

 

おまけ|気功を使いクルミを割ってみた

 

おまけです、気功を使ってクルミを割ってみました。クルミは結構硬いので、素手では割れにくいです。普通にやったらケガすると思います。

基本的に人間のパンチ力は体重の1.5倍出ればいいほうと言われていて、通常体重とほぼ同じパンチ力しか出せません。

 

もしそれ以上のパンチ速度で殴ってしまうと、拳の骨が折れてしまうのだそうです。

ですので、速くて強いパンチというのは拳を鍛えていない素人では不可能に近いです。

 

55㎏前後の私が普通にやってもクルミは当然素手で割れません。

ですが気功を使えば別です。拳の周りに気をため込んで殴れば拳を守りながら殴ることが可能です。思いっきり殴れるようになります。

 

※気功を使うとボクシンググローブをはめた状態に近い感覚で殴ることができます。

気の強弱は人それぞれですが、八割の人が気功ができるようになると思います。

 

気功を覚えたいという方は、気・オーラを肌で感じるトレーニング方法でも説明した、手の指先に気を溜めるところから始めてみてください。

手の指先から煙が見えるようになれば、きっと貴方も気功ができるようになります。

まずはここから|読んでほしい記事

1

  スターウォーズのセリフで「フォースを使いなさい」と問いかける場面がありますよね。では「フォースを使え」という「フォース」の意味とは何でしょうか。 よく皆さんはフォースの力というのは、第六 ...

2

  今回は初めての初心者でも気功を簡単に体感できる気功のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。 まず気功を体感するためには、気・オーラの流れを肌で感じれるようにならなければなりませ ...

3

  ホピ族の壁画から言葉として受け継がれた予言と教え。 そのホピ族の壁画に描かれた意味から何を予言され、代々教えが受け継がれてきたのか。   今回そのホピ族の予言と教えについて詳し ...

4

  猫は嘘をつかなく、自己中心的な動物です。 嫌なことがあれば「嫌だ」と表現しますし、うれしいことがあれば、それもしっかりと主張します。大事にすれば大事にするほど、それに答えてくれるのが猫で ...

-スピリチュアル

Copyright© ミラクルラボ , 2019 All Rights Reserved.