Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラクルラボ

「不思議・未来系、発達障害関係やビーガンなど」いっぺん変わった多数の情報を発信しています。

spiritual

孤独になりやすい発達障害とインディゴチルドレンの特徴と共通点!?

 

孤独になりやすい人が発達障害に多いと言われていますが、このような特徴を持った人をスピリチュアルでは「インディゴチルドレン」と呼ばれています。

 

今回は、その孤独になりやすい発達障害の特徴に近いインディゴチルドレンについてまとめていきたいと思います。

なぜ発達障害の特徴を持った人物をスピリチュアルでは「インディゴチルドレン」と呼ぶのか、こちらで楽しんで読んでいただければ幸いです。

 

その前に|インディゴチルドレンとは?

 

インディゴチルドレンというのは、スピリチュアルで「変革をもたらす者」として信じられています。

彼ら独特の創造性、発想力が古いレールを壊し、新しいレールを作り上げることに期待されているのだとか。

 

古い社会構造を大きく変え、新しくそして正しいレールに変えてくれる事をスピリチュアルでインディゴチルドレンに期待をよせているという感じです。

ただ今後確実に創造性がある人間が仕事を作っていく時代に入るので、一概に「こじつけ」だと言えないでしょう。

 

ただこのインディゴチルドレンの特徴を見たとき、ちょっと個人的に気になったことがあるので、そこについてもまとめます。

このインディゴチルドレンの特徴って、発達障害に類似している部分が多いんです

 

発達障害の症状に似ているインディゴチルドレンの特徴!?

インディゴチルドレンの特徴のテーマに、「孤独の人が多く、人と触れ合うのが苦手」とあるので、軽い自閉症に近い人物像をモデルにしているのではないかと思っています。

 

一般の人よりも敏感で、過敏になりやすいこともインディゴチルドレンの特徴の1つとしてあげられています。

ここをどう捉えるかは、読者1人1人にお任せしたいと思います。ただ確実にインディゴチルドレンは発達障害の事を言っていると思いますよ。

 

インディゴチルドレンの特徴

  • 生まれた時から過敏
  • 必要なことだと思うこと以外は何もしない
  • 集団行動が苦手
  • 社会が嫌い
  • 子供っぽい
  • 自分に自信がないが、ひそかに凄い人物と思い込む
  • 人間関係は浅いが、その分友好関係が深い
  • 他人とは違うと思う込む
  • 独自の世界観を好む
  • 欝になりやすい、考え込みやすい
  • 1つの事に没頭する、やりたいことを見つけると人が変わる
  • 人見知り
  • 薬に依存しやすい
  • 芸術・創作が得意
  • 直観力がある
  • 霊感体質
  • 体調が悪いときが多い
  • 実力主義の環境でないと出世できない
  • 人の多い環境だと疲れてしまう
  • 波乱万丈の人生になりやすい
  • 不眠症になりやすい
  • 純粋すぎて人を信じやすい
  • 独創的な仕事にやりがいを感じる

※スピリチュアルで発達障害をインディゴチルドレンと呼んでいますが、これは確実にアスペルガーをモデルにしていると思います。

 

発達障害でもあるインディゴチルドレンは、孤独になりやすい?

発達障害の人は、孤独になりやすい上に、集団行動が苦手って人も多いと思います。私もそうですが、集団行動が苦手です。

1つの事しか集中できないため、作業が効率よくできない場合が多いです。

 

人間の五感の内の1つからでないと、情報をうまく頭に入れる事ができないため、そう感じるのでしょう。

目からの情報に集中しているときに、耳から情報が入ってこなくなります。

 

また、何かの物事とか作業を始めると1つの事しか集中できなくなる時も恐らく一緒の症状だと思われます。

人と言うのは、本来五感を働かせて生きているので、その五感が正常に動いていない人は人についていけなく1人になりやすいのだと思います。

 

そのため、意思疎通が図れない。意思疎通が図れない人は孤独になりやすいです。

人と違うというのが、周囲で違和感を与え、そのように感じさせやすいのだと思います。それだけ人と言うのは、他人を見ている事に繋がってくるのかもしれません。

 

人間と言うのは、目で見える範囲の直感で違いを覚えることが多いです。人は外見で九割判断するとされております。

人間本来の「目で見える範囲でしか判断できない」という直感部分が違和感を与えてしまうのでしょう。

 

発達障害などの自閉症を持っている人は、孤独を理解した上で、頑張って生きていくしかないのかもしれませんね。

現実は厳しいもので、生易しいものではありません。現実を理解した上で、自分が生きる術を探すしかないと私は思っています。

 

インディゴチルドレンと発達障害の共通点|まとめ

 

ここまで記事をまとめてみて、インディゴチルドレンは直感などの感性に優れる反面、発達障害などの自閉症に近い症状を持っている人が多いことがわかります。

 

ただ、目に見えないモノを感知する能力が強いことも症状として表れている人もいるようです。

直感力が強い発達障害の特徴

この発達障害の人は、「目に見えないもの」が見える反面、その直感部分で頼る傾向が強いので、左脳部分が弱い人が多いのだと思います。

 

発達障害のような自閉症を持ちつつ、目に見えない第六感という感性を持っている人をスピリチュアルではインディゴチルドレンと呼ぶのでしょう。

霊感などの第六感の感性を持っていて、発達障害を患っている人がインディゴチルドレンなんだと理解していただければ幸いです。

まずはここから|読んでほしい記事

1

  スターウォーズのセリフで「フォースを使いなさい」と問いかける場面がありますよね。では「フォースを使え」という「フォース」の意味とは何でしょうか。 よく皆さんはフォースの力というのは、第六 ...

2

  今回は初めての初心者でも気功を簡単に体感できる気功のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。 まず気功を体感するためには、気の流れ、エネルギーを肌で感じれるようにならなければなり ...

3

  ホピ族の壁画から言葉として受け継がれた予言と教え。 そのホピ族の壁画に描かれた意味から何を予言され、代々教えが受け継がれてきたのか。   今回そのホピ族の予言と教えについて詳し ...

4

  猫は嘘をつかなく、自己中心的な動物です。 嫌なことがあれば「嫌だ」と表現しますし、うれしいことがあれば、それもしっかりと主張します。大事にすれば大事にするほど、それに答えてくれるのが猫で ...

-spiritual

Copyright© ミラクルラボ , 2019 All Rights Reserved.