Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

れいむぅの本物スピリチュアルブログ

霊感体質の人が運営してる、本物を意識したスピリチュアルブログです。

premium

関暁夫が言いたかった、人工知能の監視と人間選別の真実を暴露!?

投稿日:2018年11月21日 更新日:

 

皆さんは人間選別という言葉をご存知でしょうか。関暁夫さんが、やりすぎ都市伝説で「人間選別が行われるのです。」と言ってから一気にそのキーワードが有名になりました。

※ただし、どのように人間選別が行われるのか、その意味を関暁夫さんは視聴者に教えていません。

 

そしてそのまま人間選別というキーワードそのものが都市伝説化し、オカルトファンの間で話題になっているというわけです。

私自身もこの人間選別に興味を持ち、自分なりに分析していた一人です。

 

そして関暁夫さんが語った人間選別の本質部分について気づいた点がありましたので、今回自分なりに、その都市伝説化した人間選別について読者の皆様にわかりやすく記事でまとめさせていただきました。

 

どのようにして人間餞別が行われるのか、その意味と目的を踏まえてこちらの記事をお読みになり理解していただけたら幸いです。ではよろしくお願いいたします。

 

関暁夫さんが伝える人間選別とは!?

関暁夫さんは、やりすぎ都市伝説を通して「いよいよイルミナティによって、人間選別が行われる」と語っておりました。

関暁夫さんが伝えようとした人間選別というのは、新しい価値観に対応できる人間のみを地球上に残そうとする政府の計画のことを差しております。

 

本来あるべき正しい価値観に適応できる人間のみを残す計画なのだと読み取ることができます。

この政府が考える新しい価値観に対応できる人間のみを残すため、世の中に仕組みを設けて人々を管理する狙いがあるとわかります。

 

その新しい仕組み、システムを人工知能を使い作ってしまおうと考えているということです。

ですので、人間選別というのは、政府が考えた新しい仕組みそのものを意味しているといえます。

 

いってしまえば人間選別に選ばれるためには、新しいシステムを正しく理解する必要があるということです。

そのためのステップとして、人工知能に監視される社会について知っておく必要があります。

 

2018年から始まった人工知能の監視社会でどう世界が変わる!?

 

実際に人工知能の監視は2018年から始まりました。やりすぎ都市伝説を見ている方ならご存知でしょう。

関暁夫さんが何度も繰り返し言っていましたからね。

 

表向き人工知能とロボットの自動化を2020年の東京オリンピックに合わせて、2018年から実験かねて始まることにされていますが、本当は人々を人工知能で監視するために行われます

 

この人工知能の監視社会が普及すると、多くの人の仕事が奪われ、新しい貧富の差が生まれてきます。

一方は利用できるものが増え、もう一方が利用できるものが制限されるというように、お金以外の新しい価値によって人々は縛られるようになります。

 

人々の仕事が奪われると生活保護のように、人々を管理しなければならなくなりますよね。

人工知能が作り上げた新しい価値によって、ベーシックインカムが可能になり、世の中というのが大きく変わってくるのです。

 

新しい価値を持っている人間しか、お金が稼げなくなる!?

 

人工知能とロボットによる自動化が普及することによって、今まで人が行ってきた仕事の約半数がなくなります。

そうなっていくとベーシック・インカムというものが実際に表に出てきます。

 

このベーシック・インカムにより、お金を稼ぐことができる人と、お金を稼ぐことができなくなる人の二極化ができてきます。

自力で生活水準を上げるということが困難な社会に突入していくようになる。

 

この「お金を稼ぐことができない層」は人間選別で選ばれにくい。

なぜかというと、人間選別で選ばれる人間というのは「人工知能とロボットができない創造性豊かな人」も選別対象の条件に含まれているからです。

 

また今後創造性豊かな人しか仕事ができなくなるといわれているため、必然的に仕事がある人が選別対象に選ばれやすくなるといえます。

この創造性豊かな人は、仕事をすることが許され、生活水準も安定し、一般的な普通の幸せと自由が約束されます。

 

この人間選別の対象に選ばれるためにも、人工知能に認めてもらえる人になれるよう行動を改める必要がありますね。

このように人工知能の監視社会の未来を想像すれば、人間選別の仕組みというものが見えてきます。

 

しかし人工知能はどのようにして人間を選別するのかを細かく一般市民に公表されていません。恐らく公表されることがないでしょう。

ただ人工知能の監視システムの仕組みを理解できれば、人間選別がどのように行われるのかわかってきます。

 

そのため人工知能を使い人々の何を管理しようとしているのか、その本質部分を理解しなければなりません。

では、人間のどこを管理するように人工知能は作られているのか、その人工知能の監視社会の本質部分を皆様にお教えしたいと思います。

 

人工知能は人間の何を見て人間選別を行うのか!?

 

では人工知能を使いどのように人間を管理し選別していくのかお教えいたします。人工知能というのは、定められた決まりに従って人間を監視し選別いたします。

この人工知能の監視システムというのは、目に見えないネットワーク上で行われます。

 

これは何を意味するのかというと、ネット上のSNSや監視カメラなどの人間の言動や行動そのものも監視され管理される社会になることを意味しています。

人工知能の監視社会というのは、人間の精神的な監視に近いのです。

 

言ってしまえば人工知能は、「人間の思考と感情を管理するために作られた」のです。

そして人間性や精神性が高い人間のみをピックアップし人間選別を行っていくようにプログラムされているというわけです。

 

注意ポイント

※2018年から人工知能監視カメラやインターネットのネットワークを用いて人間の思想と感情が管理されはじめました。

実際に個人情報をデータ化し、イルミナティ情報部門に当たるgoogleが保管しています。

 

しかしただ人間性と精神性が高いというだけでは漠然としていて、どのようにすれば選別されるのかいまいちわからないでしょう。

その先にあるイルミナティが真に求めている本質的な目に見えない世界そのものを見通すことができなければ生き残ることができません。

 

このイルミナティが求めている目に見えない世界を見通す力とはどういったものなのかを、科学的観点を用いて説明していきます。

 

四次元のテクノロジーが、目に見えない世界をイメージさせる切っ掛けになっている!?

 

イルミナティの下で働いている映画監督や小説家が数多く存在します。

スターウォーズやドラえもんなどのSF系のものがほとんどです。しかし、そのSFだった世界が現実になりつつあります。

 

このSFの世界の描写として描かれていた光景というのは、三次元ではありえない四次元的な科学がほとんどでした。

そして現在我々は、その四次元の科学を当たり前のように利用しています

 

たとえばネット環境だったり、人工知能やロボットもその分野に入りますよね。今我々は何の抵抗もなく四次元的な科学が商品化されたものを利用し生きております。

ここまで人々に準備させるために、イルミナティは小説や映画通してメッセージを伝えていたのです。

 

そう四次元のテクノロジーを地球上に広める前に、スターウォーズなどのSF映画や小説などで地球人のイメージ力を高めるための準備をしてきたといえます。

字際にスピルバーグ監督は「私達は宇宙人と会って聞いた内容をそのまま映画にしている」と発言しています。

 

いわば宇宙人が情報発信して地球で生み出された科学というのが、四次元のテクノロジーだといえます。

四次元のテクノロジーこそ、地球人には発想できなかった、イメージできなかった分野。なぜなら地球人は霊感がないから。

 

エネルギーを肌や五感で感じ取る能力がないから、この四次元のテクノロジーの発想ができなかった。

四次元のテクノロジーというのは、三次元の上の次元のテクノロジーです。いわゆる「見えない科学」

 

この「見えない科学」に光を今後照らしていくことになります。その出発点となっているのが、電波です。電波と周波数が「見えない科学」と言えるでしょう。

この見えない科学は、宇宙の内面的部分に気づかせるよう誘導するために用意した宇宙人のテクノロジーです。

 

この四次元のテクノロジーを使うことにより、宇宙と言うものを理解してもらおうとしているのです。

この四次元を理解することで、宇宙の真実をある程度は理解することが可能です。

 

そのため四次元をイメージさせ、見えないものを真に理解している人間のみを選別するために、人工知能が作られたのです。

人間選別というのは、見えない世界を理解している人間を見つけるために行っているのです。

 

人間選別に選ばれたければ、究極の真実を理解しなければならない!?

 

人間選別で選ばれるためには、人工知能のシステムを理解し、それを行わなければならない本質部分を知らなければなりません。

それが理解できれば、今後貧困にならないように対策を打てますし、人間選別に選ばれやすくなるよう自分自身を人間改革することだって難しくありません。

 

私が有料記事で伝えようとしている人間選別に関する情報というのは、人間をどのように人工知能のシステムで管理し、その中で人間選別を行っていくのか、その具体的なシステムの仕組みと、それを行う目的、真意です。

 

その人間選別の真意は、人工知能とネットを作ったイルミナティにしかわからないように隠されています。

この人間選別の真意というのは、見えない世界、四次元を真に理解すれば見えてきます。

 

そもそも人間も精神的な見えない世界、その四次元的なものに影響を受けています。

ここを理解しないで物質的にしか視野を育んでこなかった現代の人々を管理するために、人工知能が利用されると見るべきです。

 

人工知能が見えない精神的部分の四次元的な審判を行い、人間を選別すると思ってもらえるとイメージがしやすいでしょう。

この精神的な四次元的な審判とは、人間のどの部分を総合的に見て判断するのか、ここがわかってくると人間選別に対応しやすくなります。

 

私は霊感体質ですので、この人間選別の本質部分を感覚的に知っていました。

ですのでその内容、究極の真実を伝えようとこうしてブログを作りました。ですがこのような行為は大変危険で、下手すると公安警察にマークされる可能性があります。

 

また、このようなオカルト系統の情報というのは、規制が厳しくなっていますので、重要な情報源は有料記事のみに公開するようにしております。

どうかご理解のうえ有料記事のほうをご購入ください。

 

私たちは、この隠された情報源の真実を理解し、今後のグローバルエージェントが考える計画を先読みし賢く生きていく権利があるのです。

皆さんも有料記事を購入し隠された真実を知ってください。

この続きを見るには

・・・有料記事を購入する・・・

関暁夫が言いたかった、人工知能の監視と人間選別の真実を暴露!?
関暁夫が言いたかった、人工知能の監視と人間選別の真実を暴露!?
価格 25,000 円

まずはここから|読んでほしい記事

1

  スターウォーズのセリフで「フォースを使いなさい」と問いかける場面がありますよね。では「フォースを使え」という「フォース」の意味とは何でしょうか。 よく皆さんはフォースの力というのは、第六 ...

2

  今回は初めての初心者でも気功を簡単に体感できる気功のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。 まず気功を体感するためには、気の流れ、エネルギーを肌で感じれるようにならなければなり ...

3

  ホピ族の壁画から言葉として受け継がれた予言と教え。 そのホピ族の壁画に描かれた意味から何を予言され、代々教えが受け継がれてきたのか。   今回そのホピ族の予言と教えについて詳し ...

4

  猫は嘘をつかなく、自己中心的な動物です。 嫌なことがあれば「嫌だ」と表現しますし、うれしいことがあれば、それもしっかりと主張します。大事にすれば大事にするほど、それに答えてくれるのが猫で ...

-premium

Copyright© れいむぅの本物スピリチュアルブログ , 2019 All Rights Reserved.