Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラクルラボ

「スピリチュアル、占い、発達障害関係やビーガンなど」いっぺん変わった多数の情報を発信しています。

発達障害

発達障害や引きこもりのイジメやパワハラ問題|社会は生きる力を求めてる

 

私自身も学生時代や外で仕事をしていた時期もイジメを受けてきた経験があります。

その当時は周りのせいにして、自分に非がないと思い込んでいました。しかし今となっては私自身の努力不足の原因だと思っています。

 

そんな私が「なぜ人はイジメやパワハラに走るのか」今の日本社会を分析しまとめてみたので、こちらを参考にイジメ克服につなげていただければ幸いです。

まず社会に期待するのは無駄なので、自分自身で生きていく力を身につけることを意識されたほうが無難だと思います。

 

※引きこもりやニートの人はやる気と努力次第で社会復帰できますが、発達障害などの何かしらの障害を患っている人は、なかなか自立することは困難です。

ですが人それぞれで特徴など違ってきますが、生きる力を磨く努力というのは怠らないようにしたほうがいいです。お互い頑張りましょう。

 

生きる力を追い求める人間の本能がイジメや差別を生んでいる!

 

引きこもりやニート、発達障害の人を差別したり、イジメたりにする行為に関して、絶対に間違っているとは言い切れない部分があります。

なぜ人はイジメをするのかというと、生きる力を追い求める本能がそうさせるからです。

 

生き物の本質的な本能は、生きていくための力を追い求めることだと思います。

人間の生きる力は、知恵や頭脳、そして体力や筋力などの、人間力の生産性の高さに繋がってくるものだと思います。

 

この生きる力がない、人間力の生産性が低そうな人は、世間一般から見てイジメの対象になるように、この世の中のシステムはできています。

これは生きる力を追い求めた生命の本質部分の本能がそのような人間社会を築き上げてきたといえます

 

しかし発達障害などの弱者が生きやすいよう、バリヤフリーが設けられている現実もある!

この生産力がなさそうな人間をイジメたり差別する習慣を克服するためには、もう少し人類は賢くならなければならないと思います。

私たち人類は着実に進歩してきています。私よりも世代が前の時代でしたら、障害者や下の層の人を人間扱いしないとか普通にありました。

 

しかし、現代社会はその下の層に当たる障害者などの人々もしっかりと生きていけるようにバリアフリーが設けられています。

下の層に対しての配慮は着実に行われている現実があります。

 

しかし、実際に形だけの行動しか世間一般では障害者や弱者に対して配慮していない事を、引きこもりや発達障害などの障害者含む弱い層に当たる人は気づかないといけません。

 

それでも社会は生きる力が弱い弱者を受け入れたくない現実がある!

今現在の世間一般の考えは、生産性が低い弱者を受け入れたくないと思う人が多いです。

形だけ配慮しているだけで、心から生きる力が弱そうな弱者を人間扱いしていないと感じます

 

これが職場に対するパワハラや学校などのイジメの根本的な原因です。パワハラやイジメを克服するためには、自分自身で生きる力がある人間に変えるしかありません。人ってのは、基本的に外見だけでイジメやパワハラを行いません。

 

根本的には人間として生きる力が強いか弱いかで天秤に測り、生産性があるないで差別や偏見を行っています。

この根本的な原因に気づかないと、いつまでたってもそのままです。

 

これは政治的戦略や諸外国の狙いで日本国民に洗脳かけている場合もあります。※マスコミやメディアが弱者叩きを煽ったりなど。

イジメやパワハラをこの日本社会で無くすのであれば、弱者を生み出さない世の中に変えるか、弱者を受け入れる心を持つしかありません。

 

イジメやパワハラを克服する最も簡単な方法は、生きる力を磨くこと!

 

基本的にイジメやパワハラの標的になるのが、引きこもりやニートになる原因にもなりえる、不登校や発達障害などの何かしらの障害を持っている弱者の人です。

他にも情報弱者などの無知な人もその類に入るかもしれません。

 

世の中でしっかりと生きていくためには、引きこもりやニート、発達障害などの障害者、また無知な人達が立ち上がって、弱者から生きる力がある人間に変わるしかありません。

別に成功者になる必要もないですが、全うに生きるのであれば、それなり生産性が高い生き方に変えないといけません。

 

学生時代のイジメ克服のコツ!

学生時代のイジメに悩んでる人にアドバイスするのであれば、手っ取り早い話、部活と勉強を文武平等に頑張ることだと思います。

学生時代では、スポーツと学問を頑張っている人ほど生産性ある人間として思われやすいので。

 

文武平等に頑張ることがイジメ克服の近道だと思います。youtuberのぷろたんみたく、筋肉つけてしまうのも面白いですよね。

またその学生の環境に合わせて生きる力を他に見つけ磨いていくことも大切だと思います。そのためにも学校には毎日通ったほうがいいです。

 

平成と令和で必要とされる人物が変わってくる

※ただ今後AIとネット社会の5Gになるにつれて、記録力や体力がある人よりも、発想力や想像力があるクリエイティブの人の方が世の中で必要とされ、評価されやすくなると思います。

平成時代と令和時代では、生産性がある人物像も大きく変わってくると思いますよ。

 

女の人よりも、男の人の方がイジメ克服って結構早いかもしれません。女の人は知能が健全でないと難しいことがいっぱいあると思うので、大変だと思います。

男は頭がダメでも体力で勝負できるので、バカでも生きていけますからね。

 

人を選ぶか、自分を選ぶか、その選択で生きる力の磨き方が変わってくる!

 

このように、今現在の世の中で弱者に対するイジメがなくならない理由として、生産性が低そうな人間(発達障害などの障害者や、無知者など)を受け入れようと誰もしないからと挙げられるのではないでしょうか。

 

または意思疎通が図れないから嫌いとかもありそうですね。

人間の本能で「一般の人と違い違和感がある」というのも、軽蔑対象に入ってしまうので、もし人間関係などで気にされているのでしたら、そこも改善していく必要があると思います。

 

世の中が弱者を受け入れる社会の価値観に変わらない限り、差別や偏見といったイジメやパワハラはなくならないと思うので。

今の現在社会はどうしても「生きる力がある、生産性ある人を優遇する」ようにできています。

 

確かにバリアフリーやイジメやパワハラ対策と世の中は、弱者にも対応できるように変わってきていますが、まだ一般人の心まで変わってきているとは思えません。

弱者や障害者を受け入れて生活するだけの心の余裕は保てていないからです。皆自分自身に精一杯に生きています。

 

まだまだ発達障害や引きこもりなどの障害をわずらっている人が生きやすい社会とは言い切れません。

発達障害や引きこもりの人は、結局人間関係のそういったイジメやパワハラに悩んでいると思うので、人間関係で悩まないだけの力を身につけるか、もしくは1人で生きていけるだけの力を身につけるかのどちらかしかないと思います。

 

発達障害の人で精神障害を取得し、特例子会社に就職するといった、人を選んだ生き方を選択するのもアリだと思います。

ただ心から受け入れようとする体制がとれていない現代社会では、発達障害などの障害者が自立して生きていくのはまだまだ難しい現実があります。

 

人それぞれ生きる力の求め方が違うので、社会環境に合わせて対応しよう!

 

イジメやパワハラなどに悩む発達障害や精神病になり引きこもる人がいますが、そういったハンデを持っている弱者は社会で受け入れられにくいので、自分が生きていくための生きる力を社会の環境の変化に合わせて身に付けていくしかないと思います。

 

これがパワハラやイジメなどを克服する最もな近道になると私自身感じています。

人間関係に悩んでいる社会人の人がいるのであれば、自分1人でお金を稼ぐノウハウを身につければいいですし、そういう環境から抜け出す方法というのは探せばいくらでもあると思います。

 

ただ生きる力が弱い、生産性が低そうな人は、どうしてもイジメやパワハラの対象になってしまうので、「自分に必要なもので、かつ足りないものを磨いていく」事が大切になっていくと思います。

 

努力不足でイジメやパワハラを経験するという事も結構あると思いますよ。後は諦めずに地道に必要だと思う生きる力を磨いていくことです。

それを邪魔してくる人は無視しましょう。そういう人は生産性がなさ過ぎるので、相手にするだけ損です。

※バカにしてきたり、いつまでもイジメに加担してくる人など。

こういう頭が悪い人間とは関わっても無駄なので相手しないようにしましょう。

 

自分に集中したいと思うことがあるのであれば、時に人と距離を置くことも大切だと思います。

小説家や漫画家は自分と向き合う時間を大切にしたいから、人がいない田舎に家を建てて、漫画や小説に集中する人が多いみたいです。

 

私も今現在似たような形で作業に取り組んでいます。必要なものに時間を投資するのが一番賢いと思いますよ。

まだまだパワハラやイジメを社会が克服するのに時間がかかるので、自分自身で変わっていくしかありません。

 

自分の生きる力を磨いていくことが、イジメやパワハラを克服する近道ですので、世の中に期待しないで、自分を信じて努力に励んでくださいね。

まずはここから|読んでほしい記事

1

  スターウォーズのセリフで「フォースを使いなさい」と問いかける場面がありますよね。では「フォースを使え」という「フォース」の意味とは何でしょうか。 よく皆さんはフォースの力というのは、第六 ...

2

  今回は初めての初心者でも気功を簡単に体感できる気功のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。 まず気功を体感するためには、気・オーラの流れを肌で感じれるようにならなければなりませ ...

3

  ホピ族の壁画から言葉として受け継がれた予言と教え。 そのホピ族の壁画に描かれた意味から何を予言され、代々教えが受け継がれてきたのか。   今回そのホピ族の予言と教えについて詳し ...

4

  猫は嘘をつかなく、自己中心的な動物です。 嫌なことがあれば「嫌だ」と表現しますし、うれしいことがあれば、それもしっかりと主張します。大事にすれば大事にするほど、それに答えてくれるのが猫で ...

-発達障害

Copyright© ミラクルラボ , 2019 All Rights Reserved.