Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラクルラボ

「スピリチュアル、占い、発達障害関係やビーガンなど」いっぺん変わった多数の情報を発信しています。

発達障害

発達障害の原因と親からの遺伝|自閉症は脳の障害だった!

 

発達障害の原因は、親の遺伝の可能性が高いと私自身思っています。しかし、発達障害について知識がない人は「甘え」だったり、「親のせい」にする人がいますね。

この発達障害は、このような「甘え」や「親の原因」でなるものではありません。

 

これは自閉症の一種の列記とした脳の障害なんです。

中には親の遺伝で発達障害が受け継がれる子もいますが、基本的に先天性でなるもので、人の努力でこの症状を克服できることはありません。

 

しかし症状を克服できなくても、その発達障害の症状に慣れるようリハビリすることは可能だと思います。

発達障害について少しでも一般の人や自閉症本人、そしてその親に理解していただけたら幸いです。少しでも偏見がなくなればと思い、このように記事を書いています。

 

発達障害は自閉症の一種で脳の障害です!

 

発達障害は、脳の障害です。

発達障害などの自閉症の症状の原因は、脳にあります。最近の研究では、この自閉症の原因は脳にあることがわかっています。

 

脳の神経細胞が少ない人ほど、自閉症が重い人が多いのだそうです。

自閉症の原因について興味ある方はこちらをご覧ください。参考程度にどうぞ。

 

脳の神経細胞が多い人ほど、人間の五感からの情報伝達がスムーズで、いっぺんに物事を熟すことを可能とします。

逆に脳の神経細胞が少ない人は、五感の中の1つからでないと情報をキャッチすることができないため、集団行動は難しい傾向があります。

 

発達障害は先天性か後天性で大きくわかれます。ただ発達障害は自閉症の一種なので、先天性の場合がほとんどです。

私自身も、実際に3歳ごろまで言葉がしゃべれませんでした。そのため身内からは「知恵遅れなのではないか」といわれていたそうです。

 

このように小さい頃から周りと異なり、学習能力がなかったり、言葉を覚えるのが遅かったり、周りの子よりも知能が劣るところが見えていると、先天性の発達障害を疑われたほうがいいかもしれません。

 

またもう一方で後天性の発達障害もあります。

これは事故で脳機能が低下したり、ワクチンや添加物によって脳にダメージが受けたりと、何かしらの影響で脳にダメージを受け、脳の神経に何らかの影響を後天的に受ける場合もございます。

 

この場合は後天性の発達障害、または自閉症に当たります。

ほとんどの場合、後天性ではなく、先天性の発達障害です。そして先天性の発達障害の子は、親の遺伝を受け継いでいる場合が多いです。

発達障害などの自閉症は親の遺伝に強く影響を受けることがあり、遺伝で子供にも引き継がれる場合もあります。

 

発達障害は親の遺伝の可能性が高い!

 

実際に家の父親と母親に、そのような発達障害に似た傾向があるように感じます。

ただ父の場合はその発達障害の影響はさほど感じず違和感がないぐらい、恐らく診断しても健常者の判断をされると思います。

 

ただし、人にものを伝えるのが下手で、コミュニケーション能力は一般男性より低いと思います。

※父はIQが高いと思います。IQが平均より高い場合も発達障害に含まれる可能性が高いです。どちらかというとアスペルガー。

 

一方で母は、パニック障害に近いものがあり、発達障害の症状に近いものを感じます。

母の場合は診断によっては「発達障害」と言われる可能性がありますね。どちらかというとADHD。

 

ただコミュニケーション能力は一般女性の平均並で、普通に関わっている分にはそこまで違和感を感じません。

※ただし職場まで通って仕事を長く続ける能力はあるので、脳機能に関してはそこまで重くはないかもしれません。

 

私の母と父親を見て思うのですが、私自身発達障害ですし、遺伝の可能性が高いと思います。

発達障害でモデルをやられている栗原類さんも、お母さんが発達障害で、遺伝の可能性が高いと言われています。

 

こういった親と子が発達障害の場合は、普通の子育て以外にも、家族独自の育て方、子供と親の触れ合い方を親と子で学んでいく必要がありそうですね。

まず子育てする場合は、発達障害は普通の子と同じといった考えから外さないといけませんね。

 

発達障害の子の接し方がわからない場合は、迷わず専門の医師に相談しよう!

 

もし発達障害の子の子育てで限界を感じたら、親は恥ずかしがらずに医師に相談をし、どのように発達障害の子と接していけばいいのか相談してみてください。最後までご覧頂ありがとうございました。

まずはここから|読んでほしい記事

1

  スターウォーズのセリフで「フォースを使いなさい」と問いかける場面がありますよね。では「フォースを使え」という「フォース」の意味とは何でしょうか。 よく皆さんはフォースの力というのは、第六 ...

2

  今回は初めての初心者でも気功を簡単に体感できる気功のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。 まず気功を体感するためには、気・オーラの流れを肌で感じれるようにならなければなりませ ...

3

  ホピ族の壁画から言葉として受け継がれた予言と教え。 そのホピ族の壁画に描かれた意味から何を予言され、代々教えが受け継がれてきたのか。   今回そのホピ族の予言と教えについて詳し ...

4

  猫は嘘をつかなく、自己中心的な動物です。 嫌なことがあれば「嫌だ」と表現しますし、うれしいことがあれば、それもしっかりと主張します。大事にすれば大事にするほど、それに答えてくれるのが猫で ...

-発達障害

Copyright© ミラクルラボ , 2019 All Rights Reserved.